ジェネリック医薬品に対するそれぞれの医療従事者の見解

ジェネリック医薬品とは、後発品のことで特許の切れたお薬の成分を真似て作成したもののことを指します。有名なハルシオンを例に出してみると、ジェネリックはアサシオン、パルレオン、ミンザインといった商品があります。これらは、ハルシオンと効き方は変わらず、評判は上々です。

 

しかし、他の薬は稀に一部成分を組み替えたりしているので副作用が出やすかったり、患者によっては効かないという話もあります。滅多にない事象ですが、このことから医者には嫌われる傾向にあるようです。しかし、薬剤師の方は、最近これらに変更するように勧める人が多いです。薬剤師は、お薬に関しての知識が深いためにこういった活動が出来るのだと思います。ネガティブなことばかり書きましたが、ジェネリック医薬品の良い点としては医療にかかる金額をかなりおさえることが出来る所が最大のメリットであります。

 

例えば、片頭痛治療薬のレルパックスやアマージといったお薬の1錠あたりの薬価はおよそ800円程度とかなり割高ですが、ジェネリックの存在する片頭痛治療薬でスマトリプタンなどに変更すると、薬価が半額近くに抑えられます。およそ8割の方がジェネリックでも問題なく効果を実感しているという情報があります。


このページの先頭へ戻る